FC2ブログ

気になるアイドル・グラビア・女優ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「5秒以上は待てませんっ」というユーザーのための45ナノプロセス

 10月4日に行われたインテル定例記者会見における米Intel主席副社長兼最高セールス&マーケティング責任者のショーン・マローニ氏による講演は、先月行われたIDF 2007の内容をまとめたもので、まず冒頭では、現在の主力CPUで採用している65ナノメートルプロセスルールから、45ナノプロセスルールへの移行が可能になった技術的ブレークスルーについて紹介された。

【他の画像】

 マローニ氏は「すでに、65ナノプロセス世代でゲートの厚さが原子3~4個程度になっていたため、増大するリーク電流の問題などから“進化の限界”と考えられていたが、High-Kメタルゲートの導入でリーク電流を解決し、45ナノプロセスルールが実現した」と説明し、「これはインテルにとって大きなブレークスルーである」と、High-Kメタルゲートの開発が、インテルの高い技術によって可能になったとアピールした。


[PR] 本当は公開してはいけなかった超禁断のセフレ自動収集ツール




 マローニ氏は、High-Kメタルゲートは、CPUがより進化することが可能となる「トランジスタ史上最大の変革」と述べるとともに、45ナノプロセスルールによって、さらにパフォーマンスが高い「Larabee」や、小型でローコスト、消費電力も少ない「Silverthorne」というように、同じアーキテクチャで多彩なCPUを可能にすると説明した。

 マローニ氏の講演で時間をかけていたのが、全世界で成長著しいノートPC関連の話題だ。“Santa Rosa”の次に登場するモバイルプラットフォーム技術「Montevina」で実現する仕様として「WiMAX」「HDグラフィックス」「25ワットの消費電力」を挙げていたが、その中で、とくに「WiMAX」について、マローニ氏はとくに時間をかけて説明を行った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ku30.blog111.fc2.com/tb.php/702-6d438bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。