FC2ブログ

気になるアイドル・グラビア・女優ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンジェリーナ・ジョリーのヌード写真」でマルウェア増加

 英セキュリティ企業Sophosは10月1日、9月に最も多かったメールによるマルウェアと、Webサイトに組み込まれた不正コード10種を発表した。

 同社によると、9月は前月に比べ、感染メール数が増加。1000通中1通だった8月と比べ、9月は833通に1通と、0.12%のメールにウイルス感染したファイルが添付されていた。特に目立ったのが、アンジェリーナ・ジョリーなどの女優のヌード写真を誘い文句にしたメールだったという。9月最終週のある1日の調査では、感染メールの5通中4通に、Pushdo Trojan感染ファイルが添付されていた。

 Sophosによると、Pushdo Trojanは2007年3月以降、決まって毎週水曜日に多様な手口で感染を拡大してきたが、最近では1日24時間感染メールが配信されている。


[PR] 本当は公開してはいけなかった超禁断のセフレ自動収集ツール


ちなみにメールでばらまかれるもっとも多いマルウェアは、1位がW32/Netskyで29.90%、2位がTroj/Pushdo27.4%、3位がW32/Mytob9.2%だった。

 一方で、悪意あるコードを仕掛けたWebサイトへの懸念も高まっている。特にMal/IframeとObfJSが感染したWebページ全体に占める割合はそれぞれ59.5%と17.0%で、全体の3分の2以上を占めた。

 マルウェアをホスティングしている割合を国別に見ると、最も多いのは中国で54.9%。2位は米国の17.4%、3位はロシアの14.4%と続く。米国の比率は8月の20.8%から下がり、ロシアは11.3%から上昇している。この3カ国のみで、世界の85%以上の感染サイトをホスティングしていることになる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ku30.blog111.fc2.com/tb.php/661-3e4e3bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。